REAH Technologies|株式会社リアテクノロジーズ

コンテンツメニュー

リアテックからのお知らせ

  • 物件情報 2019.02.26

2019/02/18 ホテルモンドンス京都五条 開業


京都の和装生地メーカーとコラボしたコンセプト型ホテル

ホテルモンドンス京都五条 五条烏丸にオープン


(※画像は京都の大学生のプロジェクトが内装デザインを手がけたAタイププレミアムルーム)

2019年2月18日 京都市下京区にて、ホテルモンドンス京都五条を新規オープンいたしました。法衣など和装生地を手掛ける株式会社安本武司商店の事務所との複合施設となっております。当社では、開業に至るまでの市場調査および事業性検証、施設コンセプトワークなどに携わり、開業後は集客・運営管理を一括で行います。

本施設は、京の台所『錦市場』 鮮やかな朱塗りが見事な三重塔がある『清水寺』、京都のシンボル『京都タワー』などに隣接する立地環境にあり、京都の名物観光地へ気軽に繰り出せます。

ホテル名のモンドンスとは、織物の一種「紋緞子(もんどんす)」に由来しています。光沢のある生地に地紋が浮き出て見える、格式を感じさせる生地はパネルなどのディスプレイやクッションなどの備品に用いられており、落ち着いた中にも温かさを感じる客室に仕上がっています。

お部屋は全室キッチン付きで、4つのタイプをご用意しております。

・Aタイプスタンダードルーム

生地の色の調和のとれた和モダンな洋室です。

・Aタイププレミアムルーム

京都の大学生のプロジェクトが内装デザインを手掛けたコンセプトルームです。

・Bタイプデラックスルーム

和室の畳の上にはロータイプのベッド、壁にはブラケット照明で設えました。和空間をお楽しみいただけます。

・Cタイプデラックスルーム

洋室の壁にはブラケットと紋緞子(もんどんす)生地が調和のとれた心地よい空間を作り出しています。和室にはソファが置かれ、ゆったりお寛ぎいただけます。キッチン前のダイニングテーブルでお食事を取ることができます。

 

当社は、インバウンド特化型のホテル・ホステル・合法民泊の企画・運営やその他のオルタナティブ・ロッジングの分野を舞台として、今後中長期的に成長が見込まれる訪日外国人旅行者に対して新たな宿泊の選択肢を提供し、一方、それらの舞台をご提供いただく不動産オーナー様の収益最大化に努めてより多くの方々に安心かつ魅力的な投資機会をご提供できるよう、両輪でのサービス開発を進めて市場全体の活性化に貢献して参る所存です。

 

【ホテルモンドンス京都五条 概要】

場所                         〒600-8070 京都府 京都市 下京区俵屋町228-1 堺町通五条上ル

最寄駅                     地下鉄烏丸線五条駅から徒歩5分

収容人数                 65人

宿泊料金                 客室料金(税抜き)は1万円〜(定員4名)、1万5千円〜(定員5名)

事業主                     株式会社安本武司商店

企画・運営             株式会社REAH Technologies

施設URL                 https://mondonce-kyoto-gojo-jp.book.direct/ja-jp

 

 

 

トップページに戻る

  • コラム 2019.02.03

新規開業の滞在型ホテルにRemoteLOCK導入

リアテック(株式会社 REAH Technologies」)は、京都市内で開業する「ホテルモンドンス京都五条」の全客室にRemoteLOCKを導入しました。

全15室の滞在型のミニホテルの各居室に、テンキーで開錠可能なスマートロック「RemoteLOCK」を導入いたしました。当施設は、到着時のチェックイン業務を近隣の提携施設で行いますが、そちらでゲスト様は鍵を受け取ることなく、テンキーの暗証番号を伝えられ、当施設の居室の鍵を開錠します。

鍵の持ち運びやチェックアウト時の返却の手間がなくなり、複数名のグループでご宿泊のゲスト様が居室を出入りされる場合にも自由に暗証番号で開錠ができるため、通常の鍵に比べてゲスト様の利便性が大変向上しています。また、テンキーの暗証番号はゲスト様ごとに異なったワンタイムパスコードが発行され、ゲスト様のチェックアウト時刻以降は使用できなくなるため、部屋の不正な利用も防止することができる仕組みとなっています。

このスマートロックソリューション「RemoteLOCK」の導入により、ゲスト様に対してより便利で快適な滞在を提供することが出来るようになりました。

トップページに戻る

  • コラム 2019.02.01

住宅並存型特区民泊施設にRemoteLOCK導入

リアテック(株式会社 REAH Technologies」)は、大阪市内で運営中の特区民泊施設「フォレステイ心斎橋」にRemoteLOCKを導入しました。

当施設は住友林業株式会社との協業第一号として2018年7月から営業しており、リアテックは開業に至るまでの市場調査および両社での事業性検証・インテリアコーディネート、開業後の施設への集客・運営代行を行なっております。

これまで、チェックインおよび鍵の受け渡し業務は施設近隣の店舗にて行なってまいりましたが、ご利用されるゲスト様のさらなる利便性向上と業務効率向上のため、テンキーでエントランスオートロックと居室の玄関ドアの開錠が可能な「RemoteLOCK」を導入いたしました。

また、一般の入居者様のセキュリティレベルを維持するため「TOBIRAアクセスコントロール」システムを合わせて導入いたしました。エントランス部分のオートロックの開錠システムを入居者様向けと民泊ゲスト様向けとで分離して管理運用するとともに、民泊ゲスト様向けの開錠コードはゲストの滞在期間中のみ有効なワンタイムパスコードを利用する仕組みとすることで、建物内への不正な入館のリスクを最小限に抑えています。

また、これらのサービスはリアテックが使用している予約管理ツールともシステム連携されており、複雑な民泊のオペレーションを一気通貫で効率よく実施することが可能となっています。

トップページに戻る

  • 物件情報 2018.11.01

羽う座京都五条烏丸 開業

株式会社REAH Technologiesは2018年11月9日(金)、京都市下京区の五条駅に全19室のホテル「羽う座 京都五条烏丸」をオープンいたします。

五条駅6番出口より徒歩1分の好立地に、24㎡〜68㎡での5タイプの部屋をご用意しております。特に限定1室での最上階の客室には網代天井や京からかみ、小上がりでの畳の配置など、京都らしい内装の作り込みを行なっております。 キッチン付きの長期滞在も可能なレジデンシャルタイプ・カジュアルにリーズナブルに泊まれるコンパクトツインなど、多様なニーズにも対応できるよう設計をしております。

トップページに戻る

  • 企業情報 2018.11.01

株式会社REAH Technologies 会社設立のお知らせ

リアテック(株式会社 REAH Technologies」)は、2018年11月1日付けで株式会社百戦錬磨の施設運営事業が分社化、独立して誕生しました。

2012年の創業以来、百戦錬磨は日本における民泊のルールづくりや規制緩和プロセスに積極的に協力し、わが国における安心・安全な合法民泊市場の開拓・醸成に貢献して参りました。その過程において同社の一部門として行っていた施設運営事業では、複雑で多岐に亘る関連法令を駆使・遵守した合法民泊の企画及び運営を、同分野に参入したい不動産オーナー様のために提供する枠組みを構築して参りました。運営を通じて培ったホテルとは似て非なる運営ノウハウが求められる合法民泊オペレーターとしての知見を生かし、より機動的な事業展開を実現するために分社化することとなりました。

トップページに戻る

  • 物件情報 2018.08.01

東京・浅草にホステル「PLAYSIS EAST TOKYO」を開業

屋上ラウンジから見る東京スカイツリー®、墨田区出身の葛飾北斎ベッドなど見所満載!
ご当地ホステル「PLAYSIS EAST TOKYO」東京・浅草にオープン

株式会社百戦錬磨は、東京都墨田区吾妻橋にてドミトリータイプのホステル「PLAYSIS EAST TOKYO」を営業開始いたします。当社は、開業に至るまでの市場調査および事業性検証、施設コンセプトワークなどに携わり、開業後は施設への集客・運営代行も行います。

本施設は、訪日外国人旅行者からの人気・知名度の高い「東京スカイツリー」「浅草」「隅田川」などに隣接する立地環境にあり、屋上ラウンジからスカイツリーを望む絶景が楽しめます。コンセプトは「LOCAL POSHTEL(ご当地ポシュテル)」としており、“ポシュテル”とは英語で「高級な」を意味する“Posh”と“Hostel”を掛け合わせた造語です。特にミレニアム世代の訪日外国人旅行者や国内の女性旅行者をターゲットとして開発しました。

トップページに戻る

  • 物件情報 2018.07.03

住友林業と協業 特区民泊施設「フォレステイ心斎橋」開業

民泊予約サイト「STAY JAPAN」運営の百戦錬磨、住友林業と協業
住友林業初の特区民泊施設「フォレステイ心斎橋」予約受付開始

株式会社百戦錬磨は、住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)との協業第一号となる、民泊施設「フォレステイ心斎橋」を2018年7月5日(木)にグランドオープンいたします。
これは、賃貸マンションを民泊施設に活用する国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)として、大阪市から特定認定を受けて行う事業となります。当社は、開業に至るまでの市場調査および両社での事業性検証・インテリアコーディネートなどに携わり、開業後は施設への集客・運営代行も行います。

トップページに戻る

  • 掲載情報 2018.06.14

日本経済新聞(2018.6.14)にて当社の取り組みが紹介されました

6月14日(木)、日経新聞朝刊にて、「民泊、ホテルでチェックイン 本人確認、対面で安心感」をテーマとする記事内で、当社が新たに大阪市の自社運営施設「BON HOSTEL」にて対面チェックインサービスの提供開始について紹介されました。

これは、当社がこれまで合法民泊を運営する中で、安心安全な運営に必要なサービスと位置付けているためです。

記事はこちら:
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31711200T10C18A6TJ2000/

トップページに戻る

  • 物件情報 2018.06.01

レジデンシャルホテル「nedoco OSAKA WEST」大阪 西九条にオープン

株式会社百戦錬磨は、大阪市此花区にて2018年6月1日(金)に「nedoco OSAKA WEST(ネドコ オオサカ ウェスト)」を開業します。当社は、開業に至るまでの市場調査および事業性検証、インテリアコーディネートなどに携わり、開業後は施設への集客・運営代行も行います。

本施設は、JR西九条駅および阪神なんば線西九条駅から徒歩2分という好立地で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、関西国際空港、甲子園、大阪ドームなど主要観光地まで公共交通機関を利用して乗り換えなしで直行できる便利な場所に位置しています。
地上7階建て・全24室の新築のレジデンシャルホテルとして、全室にキッチンを完備するほか、浴室や洗面所なども住宅と同様の仕様となり、ご家族連れやインバウンドの長期滞在にも対応します。多様な部屋タイプを提案しており、グループや団体利用向けの2段ベッド3台の6人用、ファミリー向けのダブルベッド2台とソファベッド1台の5人用、友人同士向けのシングルベッド3台とソファベッド1台の4人用、さらに最上階は内装や設えのグレードを上げたラグジュアリーフロアも準備しております。1階にはコインランドリーのほか、24時間フロントスタッフが常駐しておりますので安心・快適に滞在していただけます。

2017年に大阪府を訪れた訪日外国人客数が1100万人と過去最高を記録するなど急増する中、インバウンドをはじめとする国内外の旅行者ニーズに寄り添った新たな滞在スタイルを提供いたします。

トップページに戻る

  • 物件情報 2018.01.15

大阪なんば高架下活用の「BON HOSTEL」開業

株式会社百戦錬磨は2018年2月1日(木)、大阪市浪速区の鉄道高架下スペースにカフェ&バー併設ホステル「BON HOSTEL(ボン ホステル)」をオープンいたします。

人や地域との出会いや交流を求めて世界各地から訪れる、特に情報発信力 の高いフラッシュパッカーなどをターゲットに、情報交換や情報発信の「場」として 施設の企画・開発をいたしました。「高架下×宿泊施設」というユニークな形態 で、旅行者から地域住民の方まで多様な人々が集う賑わいを創ってまいります。 カフェ&バー併設型スタイルで、交流イベントなども行う予定です。「STAY JAPAN」と連携することで、ウェブとリアルの「場」を繋ぎ、旅行者に日本のロー カル旅を提案します。

トップページに戻る

  • 掲載情報 2017.07.20

日本経済新聞ほか多数のメディアに自社運営の1棟民泊マンション「SJ大阪セントラル」が紹介されました

7月20日(木)、大阪市にて当社運営の1棟民泊マンション「SJ大阪セントラル」が開業し、その模様が日経新聞、産経新聞、朝日新聞、読売新聞、毎日放送、読売テレビなど各メディアにて紹介されましたので、お知らせいたします。

【参考】
日経新聞:http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD20H29_Q7A720C1LKA000/
産経新聞:http://www.sankei.com/west/news/170720/wst1707200096-n1.html
読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170720-OYO1T50002.html
朝日新聞:http://www.asahi.com/and_M/living/jutaku-s/CJSN2017070605.html
毎日放送:http://www.mbs.jp/news/kansai/20170720/00000071.shtml

トップページに戻る

  • 物件情報 2017.07.05

1棟まるごと民泊マンション「SJ 大阪セントラル」グランドオープン!

株式会社百戦錬磨は、自社開発・運営の1棟民泊マンション第一号となる「SJ 大阪セントラル」を7月20日にグランドオープンします。建物全体で66室あり、うち44室を民泊ルームとして販売しております。

大阪24区の一つ、都心から西側に位置する西区靱本町。梅田や中之島などビジネス街からも近く、利便性に優れた立地です。周辺にはカフェやインテリアショップなどお洒落な街として有名な南堀江や都会のオアシス靭公園にほど近く、周辺散策をお楽しみいただけます。

本施設は、民泊ならではの特徴として、フロアごとに様々なコンセプトでお部屋をご用意しています。2〜4Fはビジネス利用者向け、5〜7Fは家族連れのレジャー利用、8〜10Fはそれぞれ異なる雰囲気でカップルやグループ旅行を意識、それぞれ高級感を醸しながらもリラックスして過ごせるお部屋に仕上げています。

またグランドオープンに向けて、「砂浜と星空の部屋」「日本酒飲み比べ部屋」「ぬいぐるみと旅する部屋」など自社スタッフが「こんなお部屋があったら泊まりたい!」とこだわりの部屋づくりを行なった民泊コンセプトルーム、茶道・着付けなど師を招いての日本文化体験スペースの開業準備が行われています。

詳細はこちらをご覧ください。

トップページに戻る